DYMOCO(ディモコ)って何?

DYMOCO(ディモコ)とは、DYNAMIC MOVE CONTROLの略語のことで、主に靴やインソールを用いて歩く姿勢をバランスの良い状態に整える概念のことを意味しています。その考え方は、DYMOCO理論(DYMOCOフィッティング)と定義していて、個々人の動きをみながらバランス調整し、作製するインソールのことをDYMOCOインソールと呼んでいます。

DYMOCOインソール

DYMOCO理論に基づくインソール

DYMOCO理論に基づく インソールは、身体全体をトータルに動きの中からみて判断し、根本にある悪い動きを良い動きへ変化させる事を目的として作製するものです。
さらに、より効果を高めるため、身体・足・靴下・靴・インソールなどをトータルに考慮し、可能なかぎりフィッティングさせるものでもあります。

インソールって何?

インソールは、足底挿板(そくていそうばん)とも呼ばれ、
患部の保護や矯正を目的に行われる治療で使用される道具の1つです。
医療の世界では、その装具を、靴の中敷きに貼ったりして「土踏まずを支える」ことや
「足裏にかかる圧を分散させる」ことを目的に行われる治療法の事を
「足底挿板(そくていそうばん)療法」といいます。

従来からのインソールは?

従来からのインソールは、パッドが非常に厚いことや足につけるとしっくりこないことも多く、靴がきつくなって履けなくなるなど、時間とお金をかける割にはあまり効果的とはいえませんでした。

また、座った状態や立った状態で作製されているため、
人間が歩いて移動するということを無視していることになってしまいます。

座ったり立ったりした状態で作製された従来のインソールは、 歩くときの足の状態が全く考慮されておらず、足の大切な機能が効率よく発揮されているとは考えられません。

GOOD WALKING。