9/22(日)オーソティックスソサエティー セミナー発表の先生方のご紹介②

2013年9月14日(土)

オーソティックスソサエティー総会・セミナー・イベント開催もいよいよ
来週開催となりました。。
総会に先立って行われる(9/22 9:30~)セミナーでは6名の先生方が発表されます。

第二回目の今回は、それぞれ発表なさる演題とともに佐藤先生・仲澤先生・金森先生の
ご紹介を致します。

先生方の発表をぜひ聴きにいらして下さい!

============================================================
◆演題 『成長終了後の年代における足形態の特徴と高校就学時の足環境の
国内(北海道地区)についての調査および報告』~足囲を中心に~

発表 佐藤義裕先生

昨年の当会主幹の靴医学会にて最優秀賞を受賞された方で、北海道函館にて
五稜郭整骨院の院長をされており、
ロンドン五輪ボクシングTeam JAPAN (日本代表)専任メディカルトレーナー、
NPOオーソティックスソサエティー理事 (3級認定講師)、
日本工学院北海道専門学校柔道整復科参与 (専任教員)、
北海道アマチュアボクシング連盟常任理事(北海道代表チーム専属メディカルトレーナー)、
日本柔道整復接骨医学会会員 (同認定柔道整復師)(平成6年学会研究奨励賞受賞)、
日本靴医学会準会員など輝かしいプロフィールをお持ちの方です。

◆演題 靴の履き方および足サイズと靴サイズの差が歩行に及ぼす影響

発表 仲澤一也先生

昨年の当会主幹の靴医学会にて最優秀賞を受賞された方で、理学療法士として
札幌円山整形外科病院リハビリテーション科に勤務し、
NPOオーソティックスソサエティーの4級認定講師、
北海道バーバリアンズDiana(女子ラグビーチーム)コーチをされており、
北海道におけるDYMOCOの普及活動と会員にための勉強会を実施。
靴とインソールの重要性や可能性を、科学して広めていきたいと考えておられる方です。

◆演題 下肢障害に対する足底挿板療法?変形性膝関節症を対象として

発表 金森輝光先生

同じく昨年の当会主幹の靴医学会にて最優秀賞を受賞された方で、
理学療法士(8年目)として神奈川県の戸塚共立リハビリテーション病院に勤務され、
足底板を使った治療を始めて4年目ですが、内田理事長のもとでその技術により一層
磨きをかけている方です。

============================================================

会員の皆さまのご参加お待ちしております。

 

 

アーカイブ